shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2019年10月15日

都立看護専門学校の面接試験対策について(社会人入試)

こんにちは東京アカデミー池袋校 看護担当です

都立看護専門学校の社会人入試一次試験も終わり、合格発表後すぐに二次試験がありますね

面接試験の事前の準備は必須です
都立看護専門学校に在学しているチューターが受験生のときの体験談をお届けします

 私は人の前で自分のことを話すのが得意ではなかったので、何度も面接練習をしました。面接に慣れることで少しずつ自信がつきました。トータル9回ほど行いました人によっては面接に慣れすぎてしまう場合もある(適度な緊張も必要です)ので、自分はどちらのタイプか見極めることも必要です。また、堂々と自分が看護師になりたい気持ちを伝えることが大切ですもし圧迫面接だったらどうしようと思い、これだけは必ず伝えたいということを考えておきました。入学して感じたことは、周りの学生はしっかり自分の意見を持っているというところです。授業の中でも何かと意見を求められます。その時に自分の考えがあれば、すぐに答えることが出来ますよね
私は苦手ですが、、、
都立では、自分の考えをしっかり持っている人、自らの意志で行動できる人、チームワークが取れる協調性のある人を求めていると思います

都立看護専門学校の二次試験では、主に大きくに分けて聞かれました。

看護師を志望した経緯を具体的に説明して下さい。
これは聞かれる人、聞かれない人と分かれると思います。面接練習でも練習する内容なので、志望理由はしっかり答えられるようにしましょう

(自己推薦をみながら)この内容について工夫してきたことを具体的に説明して下さい。
自分が説明したことに対して、さらに掘り下げて質問されるので、自分の話す内容は決めておき、掘り下げそうなことを予想しておくと良いです

仕事をしていて大変だったこと、意見の食い違いがあったらどうする?
仕事で心がけてきたことは?転職理由は?これも用意しておいてくださいね社会人の方はかなり大事なポイントになってきます

今思うと、意見の食い違い質問は看護学生になるとグループワークがかなりの頻度であるので、どのように対応するのかみていると思います

面接の雰囲気は終始穏やかでした面接官にもよると思いますが、緊張していますか?なども聞いてくれたので少しリラックスして話すことができました面接官とは相性もありますが、自分のことをたくさんアピール出来るようにしっかり準備しておきましょう



posted by 東京アカデミー池袋校 at 09:00| 東京 ☀| 看護学校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

【看護学校受験】受験期に新聞・本を読んだか

こんにちは!横浜校チューターの笠原です。
今回は、看護学校受験において、「受験期に新聞・本を読んだか」お伝えしたいと思います。読んで下さった方に少しでも力になれたら嬉しいです。

私は受験期に、新聞を毎日読みました。面接では良く「最近、気になっているニュースは何か」という質問が聞かれるため答えられるように様々なジャンルの情報を収集しました。医療や政治、文学、子ども、高齢者などに関わる記事を中心に読み、また、海外でどのようなことが起きているかも読みました。その際には、目を通すだけではなく読み込み、話せるように理解し整理しました。そして、面接官に話せるようキーワードを覚え、伝えられるよう練習しました。
私が情報収集する際に活用したのは、自宅の新聞やネットニュース、東京アカデミー横浜校のラウンジにある各種の新聞、です。移動時にスマホで見たり、授業が始まる前の時間を活用して情報収集をしました。また、受験勉強でいっぱいの頭の中を整理することができるので気分転換にもなります。自宅で新聞を取っていない人でも東京アカデミーには新聞がありますので、空き時間などに新聞を読んではいかがでしょうか。また、看護受験の資料ブースには、新聞スクラップという医療の記事をまとめたファイルがあります。ぜひ、活用してみてください!

正直、本はあまり読みませんでした。受験期に2.3冊しか読んでいなかったと思います。しかし、本を読むことは現代文の対策にもなりますので可能なら沢山読んだほうが良いです!また、面接の際に「最近読んだ本はなにか」という質問をされることがあります。この場合、本の名前・著者・印象に残った場面・あらすじなどを話せるようにしておきましょう。私も本を読み、何を学んだか、印象に残っている場面などをまとめました。そして、本を読んでいない面接官に対し理解してもらえるように伝える練習をしました。

新聞や本を読む時間は無駄と考える方もいるかもしれません。しかし、面接時に質問に答えられるか、答えられないかでは大きな違いがあります。また、新聞や本を読むことで物事を考える視野や感性が豊かになります。まずは、移動時にニュースを見ることや、薄い本1冊の小説から始めてみてはいかがでしょうか。看護学校受験、頑張りましょう!
posted by 東京アカデミー池袋校 at 09:00| 東京 ☀| 看護学校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月05日

現役看護学生に質問!【第4回】

こんにちは、池袋校看護担当です

第3回では東京女子医科大学看護専門学校、JCHO東京新宿メディカルセンター付属看護専門学校、東京家政大学の現役看護学生に進級と国試対策について伺いました。
今回は学科試験についての話をピックアップ!


Q. 東京女子医科大学看護専門学校社会人入試の一般教養の対策方法は?
A.
国数英は、一般の対策ができていれば大丈夫。理科や社会の内容もあったが、ほぼ対策不可能(選択式で、ラジオ放送が始まった年、世界恐慌が始まった年は?等があった)。
→まずは国・数・英を固めましょう。試験前に余裕があれば、理科は中学校レベルをおさらいしておきましょう。

Q.市販のテキストで勉強するなら何がおススメ?
A.
英語:英頻という問題集を使っていた。過去問を点数いくら取れたか?という視点でなく、看護学校受験ではどういった内容の単語が出るのか?という視点で勉強する。複数の看護学校の過去問が載っている赤本がある。
国語:漢字は、ゴルゴというものが良かった。
→看護学校の学科試験には、医療に関する問題が出ることがあります。東京アカデミーの参考書と問題集は、看護学校の入試問題や出題傾向に合わせて作成されているため、看護学校入試に向けて特化した勉強ができます。東京アカデミー受付にて販売しております。

posted by 東京アカデミー池袋校 at 10:46| 東京 ☀| 看護学校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

【看護学校受験】社会人入試を受けるにあたって

こんにちは、立川校 看護医療系学校受験チューターの伊東です。
今回は社会人入試の面接についてお話ししたいと思います。

私が面接練習を開始したのは一次試験が終了してからです。それまでは一次試験に合格するため小論文を書きつつ、面接で聞かれそうな志望動機や自己の目指す看護師像などをノートにまとめていました。

面接練習では、模擬面接終了後に振り返りを行い、内容や話し方、所作などの改善点の指摘やアドバイスをもらいました。

私の場合、あがり症のため模擬面接から緊張してしまい表情が硬かったり、事前に考えていた受け答えを暗記して話しているような印象を受ける、と指摘されました。

そのため、これを克服するために、私は面接練習を7〜8回行いました。

その後立川校でチューターをするようになってから教務の方に伺いましたが、面接練習を7〜8回行う受講生はなかなかいないそうです!(笑)

しかし、この練習のおかげで苦手意識の強かった面接に慣れることができ、本番ではあまり緊張せずに自己アピールできたと思っています。

東京アカデミーの面接練習を受けて良かった点としては、

まず、面接官の質問の精度が高いことです。

私の場合、模擬面接で受けた質問を本番でも聞かれたため、落ち着いて答えることが出来ました。社会人入試では、社会経験や年齢の離れた同級との付き合い方について問われることがあります。特に後者は、社会人という立場を踏まえた上で年齢の異なる同級生との関わり方を問われる難しい質問です。このような質問は、学校側が社会人にどのような事を望んでいるかを考え答えるべきものなので、その場で考え答えるのは難しかったと思っています。

次に、十分な振り返りができることです。

模擬面接了後、内容や話し方、所作などの改善点を指摘し、アドバイスをくれます。面接では内容はもちろんですが、話し方や所作も評価の対象となります。私は、話し方に癖があることを指摘されましたが、自分では気が付くことはできず、毎回録音し自身の話し方を客観的に捉え改善していきました。また、所作も入退室、着席、面接中の表情や視線、座り方など、細部まで指摘してアドバイスをくれます。私は、最後の面接練習は本番と同じ服装で受けて所作の確認も行いましたが、受験した学校が面接室に鞄を持ち込む方式であったため、事前に本番を意識した練習ができて良かったと思っています。

最後に、面接練習で教務の方によくご指導いただいたのは、『面接もコミュニケーションである』ということです。

看護師は仕事柄、コミュニケーション力が求められます。コミュニケーションで重要となるのが、相手に与える第一印象です。そのため、面接で試験官に与える第一印象はとても重要です。本番はとても緊張するため笑顔を忘れがちですが、試験官に好印象を与え、十分に自己アピールできるように頑張って下さい。

皆さんと一緒に学べる日を楽しみにしています!

東京アカデミーでは只今、看護学校受験対策のご入会を受け付けしております。講座につきましては、下記リンクからご覧ください。
池袋校 講座案内
立川校 講座案内
横浜校 講座案内
posted by 東京アカデミー池袋校 at 09:00| 東京 ☀| 看護学校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

現役看護学生に質問!【第3回】

こんにちは、池袋校看護担当です

東京女子医科大学看護専門学校、JCHO東京新宿メディカルセンター付属看護専門学校、東京家政大学の現役看護学生に学校生活の実情について伺ってみました!
今回は進級についてと国試対策についての話をピックアップ!


Q.進級できない人はいるか?
A.
メディカル:いない。何としても進級させている。
女子医:面倒見はいい。追試者に対して、追試試験日まで毎お昼休みに先生が学生に、昨日はどんな勉強をしたかを聞き、細かくフォローしている。
家政大:フォローは特にない。追試は1回きりだが、お金はかからない。後期の単位を落としたために留年、ということもある。その場合は落とした単位以外の授業は必要ないため、前期がまるまる暇、ということもある。


Q.国試対策は?
A.
メディカル:3年生から。模試は1年生からあった。3年生の実習が6月末に終わって、そこからちょくちょく始まっていく。夏休みに3日間、夏期講習。予備校の夏期講習のお知らせが掲示板に貼ってある。夏休み明けすぐに模試がある。
女子医:授業のまとめの時間に、この学期で習った範囲で解ける国試を先生がプリントくれたことがある。
家政大:模試がある。領域のテストは国試問題が出る。定期試験の内容が国試に直結していて、国試問題を解いておかないと成績に繋がらない。2年生くらいから。
posted by 東京アカデミー池袋校 at 17:49| 東京 ☀| 看護学校受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。